稽古の様子をオンライン配信しました!(夏の特別編)


岩手県北上市口内町で活動している民俗芸能団体「行山流口内鹿踊」(ぎょうざんりゅうくちないししおどり)です。



7月31日(土)に普段の稽古の様子をオンラインで配信するイベントを実施しました。

これは、コロナ禍によってまだまだリアルで会うことが難しい状況が続いている中、みなさまとつながりを持ち続けたいという思いで行ったものです。


このオンライン配信、5月にも1度やっているのですが、WIFIの不具合や音響機器トラブルなど課題だらけ。

今回はいろいろ改善してのリベンジマッチです。



夜8時、いよいよ配信スタートです。

最初に視聴者のみなさんと一緒にアイスブレイク。

あれ?メンバーの様子がいつもと違いますね。



本来この日は、翌週に控えた「第60回 北上・みちのく芸能まつり」の追い込み稽古の様子を配信する予定でしたが、前日30日にまつりの見送りが決定。

それを受けて急きょ、装束を身に着けての稽古に変更したのです。



まずは口唱歌に合わせて踊ります。

同じ稽古でも、着替えるだけでいつもより身が引き締まる気がします。




そしていよいよ装束を身に着けます。

みちのく芸能まつり初日の護摩法要で奉納する予定だった「回向」と「礼庭」を踊りました。





芸能まつりがあってもなくても五穀豊穣、悪魔退散、安穏息災、家内安全などの祈りや願いを込めて踊り継がれてきたのが民俗芸能。 特にも今回は、この社会の閉塞感を打開したいという思いも込めて踊りました。




視聴いただいた方からは「まつりが見送りと聞いてがっかりしていたが、本番さながらの踊りを見ることができて嬉しかった。」と感想をいただきました。


全国からご視聴くださったみなさま、オリンピック真っ最中にもかかわらず、オンライン配信をご覧いただき本当にありがとうございました。


これからも社会情勢と向き合いながら今できることを自分たちのペースで続けていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示