公演報告2019⑦

最終更新: 2019年10月27日

8月24日(土)に地元口内町の「浅間神社例大祭」に出演しました。





この例大祭では、ざっくりいうと5時間半ほど装束をつけっぱなしで門付け行脚を行います。しかも鹿踊はすべて徒歩での移動。実に過酷な旅です。


でもこの日は少し雰囲気が違っていました。

なんと「体感!鹿踊ワークショップ」がきっかけで、当団体に新人が一人加入。

その人がデビューするからです。


恥ずかしいので後ろ姿


そして午後2過ぎ、いよいよ門付け行脚がスタートしました。





踊っては移動し、移動しては踊ってがひたすら続きます。


この日は9体の鹿で踊りました

場所によって踊る状況もさまざま

疲れが徐々に表情にも


みんなでポジションを交代して助け合いながら、何とか神社まで帰ってきました。

最後に境内で奉納公演を行います。



夕闇が会場を包みます



みんなおつかれさまでした。


今年は土曜日ということもあり、町外からもたくさんの方が見学に訪れてくださいました。

本当にありがとうございます!


なお、今回のブログ記事の写真はすべて「のほほんさん」提供。 最初から最後までご同行いただき、感謝です!


また、東北文映研ライブラリー映像館さんのyoutubeにもアップしていただきました。

ありがとうございます!



鹿踊の季節はまだまだ終わりません。

9月は「花巻まつり」をはじめ4つのイベントで公演予定です。














78回の閲覧

©

2019 行山流口内鹿踊