民俗芸能による祈りと絆の舞「まず演るべ!コロナに負けねぞ!」に出演しました!

岩手県北上市口内町で活動している民俗芸能団体「行山流口内鹿踊」(ぎょうざんりゅうくちないししおどり)です。


本当に…本当に久しぶりのブログ投稿。

2月末からのコロナ禍により、当団体の活動もすっかり影を潜めておりました。

北上・みちのく芸能まつりをはじめ地元のまつりなども軒並み中止。

世の中の状況を伺いながら7月より練習を再開したものの、公演機会のない日々だけが過ぎていきました。


そんな中お声がけいただいたのがこちらのイベント

民俗芸能による祈りと絆の舞「まず演るべ!コロナに負けねぞ!」 です。


こんな状況だから新型コロナウイルス感染症対策も

①朝、会場入りの際の検温

②参加者名簿の提出

③公演時間以外はマスクの着用

④時間指定の会場入り

⑤座席の指定

⑥舞台裏と観客席をまたいだ移動は禁止

などなど入念な体制です。



装束を着て踊るのはなんと10か月(315日)ぶり!

感謝を込めて踊らせていただきました。


東北文映研ライブラリー映像館さんのyoutubeにイベントのダイジェスト映像がアップされていました。ありがとうございます。

口内鹿踊は3:40~4:20のあたりに映っています。







33回の閲覧

©

2019 行山流口内鹿踊