体感‼鹿踊ワークショップ(3回目)を開催しました!

最終更新: 2019年10月14日

岩手県北上市口内町で活動している民俗芸能団体「行山流口内鹿踊」(ぎょうざんりゅうくちないししおどり)です。

5月4日(土)、体感‼鹿踊ワークショップの3回目を行いました。

これは、全4回のワークショップを通して鹿踊をイチから学び、最後には装束を身に着けて踊ることでこの芸能の魅力をぜひ肌で感じていただきたいという思いから開催したものです。


ゴールデンウィークの真っ只中にも関わらず、初参加3名を含む13名の方にご参加いただきました。

ありがとうございます。


簡単な自己紹介ゲームを行なったあと、早速練習へ。

まずは太鼓の復習です。

マンツーマンでみっちり確認。

指導にも熱が入ります。






そしていよいよ太鼓を装着。

腰ひもを使って太鼓を体にしっかりくくりつけます。





太鼓の位置が変わるだけで、バチの当たる箇所も変わってしまうため、太鼓の中央をうまく叩くためには慣れが必要です。




太鼓をつけた状態でみんなで音合わせ。

リズムや間を確認します。





そしていよいよ太鼓をつけた状態での踊り。

動きに集中すると太鼓がうまく鳴らせず、太鼓に集中すると足がうまく動かず…

とにかく反復練習あるのみ。





今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました。





みなさん、おつかれさまでした。

最終回は5月25日(土)15時から詩歌の森公園を会場に「修了公演」を行います。

この4回のワークショップの集大成。

今からワクワクしますね。


104回の閲覧

©

2019 行山流口内鹿踊