体感‼鹿踊ワークショップ(最終回)「修了公演」を行いました!

最終更新: 2019年10月14日

岩手県北上市口内町で活動している民俗芸能団体「行山流口内鹿踊」(ぎょうざんりゅうくちないししおどり)です。


5月25日(土)、体感‼鹿踊ワークショップの「修了公演」を行いました。


このワークショップは、全4回の講座を通して鹿踊をイチから学び、最後には装束を身に着けて踊ることで、この芸能の魅力を肌で感じていただきたいという思いから開催してきたものです。





会場は北上市にある詩歌の森公園。


四季の草木に囲まれた開放的な芝生空間です


この日は快晴。それどころか最高気温が30℃超えということで、熱中症が心配になるほどのお天気でした。




今回、修了公演に挑む参加者は7名。

まずは太鼓のひもを締めます。

これまでのワークショップでは、すでに会員が締めた状態の太鼓を使って練習してきたため、初めての体験。


教えてもらいながら自分の使う太鼓を締めていきます

そして本番前の最終練習。

太鼓の音合わせと動きを確認。


みなさんバッチリ叩けています

芝生の上で子どもも大人も一緒になって踊ります



そしていよいよ装束を身に着けます!


最初に大口袴をはいて


鹿頭をかぶり

太鼓を腰にくくりつけ

あごひもで鹿頭をしっかり固定


あごひもで鹿頭をしっかり固定

たくさんの人の力を借りながら




さて、初めて装束を身に着けた感想はいかがでしょう?


ニッコリ笑顔です



ついに、お待ちかねの修了公演がスタート。


順調な滑り出し

装束の重さと長いササラをうまくコントロールしながら


メンバーも周囲でサポート


よし、その調子


みなさん、カッコイイですよ



踊りの合間にはこまめに休憩。それでも暑さが体力を奪っていきます。


水分補給もしっかりと



そして迎えたラスト。

横一列に並び、サポートメンバーが離れた状態で踊りました。


参加者のお子さんも隣で一緒に踊っています(^-^)

青空×新緑の公園×鹿踊  素敵です


参加者のみなさん、おつかれさまでした。

初めて装束を身に着けて踊ったとは思えないくらい素晴らしい公演でしたよ!

そして応援に駆けつけてくれたみなさん、散歩中に足を止めて見学してくださったみなさんもありがとうございます!



最後はみんなで記念撮影。



そしてその勢いのまま交流センターに移動し大交流会。

こちらも大いに盛り上がりました。





今回のワークショップは、私たちも初めての試みのため、当初はどんなものになるか予想もつかずに動き始めました。

そんな中、SNSなどでこの活動を知り、全国各地から参加してくれたみなさんの一生懸命に取り組む姿や熱量が、私たちにとって刺激となり、そして大きなうねりとなってこの修了公演の日を迎えることができました。

鹿踊を教えるという講座でありながら、逆に私たちが教えられたこと、気付かされたたことがたくさんあります。

みなさんには感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。


このワークショップは一度区切りとなりますが、これからも「鹿踊」を通じてみなさんとつながっていける取り組みを続けていきますので、引き続きよろしくお願いします。

また、お会いしましょう!



行山流口内鹿踊project2019「体感!!鹿踊ワークショップ」


・第1回講座 平成31年3月23日(土) 「口唱歌を学ぶ」  

・第2回講座 平成31年4月13日(土) 「太鼓を鳴らす」

・第3回講座 令和元年5月4日(土) 「太鼓をつけて踊る」

・第4回講座 令和元年5月25日(土) 「修了公演」


全4回 参加者のべ49名(主催者、見学者を除く)


©

2019 行山流口内鹿踊